今日のセックス人形は話すことができる

今日のセックス人形は話すことができる

彼女は実際のパルスを持っていない可能性がありますが、ロボットコンパニオンとしても知られている最新のセックスドールは、人間に似てかなり近いです:彼女(大多数の女性)は98.6度であり、したがって、タッチに暖かく、彼女は敏感な領域に触れたときにうめく、そして彼女はオルガスムをシミュレートすることができます。彼女は話をし、彼女は彼女のユーザーに彼女の反応を適応させる-ので、彼女は何を言う必要がない場合は、彼女はあなたのニーズと欲望に合わせて調整することができます。To get more news about リアルドール, you can visit kireidoll official website. 彼女は本当にセックスドールではない。彼女はセックスロボットのようなものであり、彼女は人間関係と性仕事の性質に幅広い影響を与えるかもしれません。 「古い人形は、ビルトインセンサーを持っていませんでした、そして、頭を動かすことができませんでした、まばらな目または彼ら自身の上で唇を動かすことができませんでした;皮膚材料は異なりました、そして、骨格材料は異なっていました」と、Mike Chanowskiは言いました。「今、2019年に、我々は敏感な皮膚タッチセンサーとビルトイン暖房システムで大きなアップグレードをしました。そして、人形の体を暖めました 今日のセックスドールは、シリコーンまたは医学等級熱可塑性エラストマー(ゴムに類似した物質)から作られます。余分なコストが含まれている機能は、ボディの熱、タッチセンサー、呼吸シミュレーションとより多くの、Chanowskiは言った。彼は、消費者は、肌や目や髪の色の範囲とともに、大胆なまたは内気な個性と様々な体の種類の彼らの選択を持っていると指摘しながら、提供のほとんどの人形は、光の皮膚、痩せた数字と大きな胸、バービー人形に似ている。 人工知能によって動力を供給された性ロボットは、何年もの間開発されてきたが、最初は2017年に転がったが、数ヶ月おきに、より開発された人形(例えば、息をのむか、自己潤滑させる人)は、以前のバージョンを支持している。

wisepowder jack

260 Blog posts

Comments